読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルビオコート平塚 ”みんなにちょうどいい街!”ブログ

東海大学前駅徒歩17分に誕生するミサワホームの新築戸建分譲地―【アルビオコート平塚】のまちづくり秘話です!

Terrace街区の生活提案

テラス街区ー上空写真(平成28年9月撮影)

f:id:misawahome:20160926103725j:plain

自分に、家族にちょうどいい-

20家族の笑顔と幸せが育む街

【アルビオコート平塚】は

平成29年3月完成予定です!

公式ホームページはこちら

+++++++++++++++++++++++++

みなさん、こんにちは!

今日からは、いよいよアルビオコート平塚・テラス街区の間取りのお話しをしていきたいと思います。

 

どんな雰囲気の家を目指しているのか?―

なかなか図面や言葉で説明するのも難しいので、完成予想パースを先にお見せして説明したいと思います!

f:id:misawahome:20161109150929j:plain

↑これは【アルビオコート平塚】テラス街区3号棟のダイニングキッチン周りのイメージCGです。

 

テラス街区は以前ご説明しましたが、3区画3棟の街です。NO3号棟は一番西側・公園隣接区画です。

f:id:misawahome:20161013081928j:plain

この街区では、ダイニングから見える景色と、ダイニングから外(=ウッドデッキのテラスがあります)に出たときの開放感・気持ちよさを一番大切にして企画しています。なので、テラス街区のダイニングはすべて北西方向にある大山に向いていて、しかも天井は吹き抜けになっていて、のどかな山奥のペンションやロッジにいる感を演出しています。内装も、モザイクのタイルや、木目調の棚をあちこちにちりばめることで、こ洒落たカフェ感を演出しています。

 

f:id:misawahome:20161207183548j:plain

こちらは公式ホームページに載せてある、テラス街区NO1号棟の1階の間取りです。ダイニングの外にウッドデッキがあります。北と南、両方向に庭があるのがテラス街区の特徴です。南は陽が当たるので当然ですが、北は景色・開放感が南以上にあるので、”しょせん北側だから”といって決して手を抜きませんでした。

 

この【アルビオコート平塚】テラス街区の設計でミサワホームが強調したいのは、”食卓こそ家族至福の時・場所”という考えです。

 

通常、広いリビングや和室などを陽当たりの良い所にして、そこで家族が集まって楽しく団らん・・・というのをイメージしますね。ところが、共働き世帯・子育て世代・熟年世代、家庭環境を問わず家族全員が集まって過ごす時間が実際いちばん長いのはダイニング(食卓・食事)なのです。これはいつの時代も変わりません。

 

もっとも(唯一?)家族のコミュニケーションがはずむ食卓こそ、一番快適な場所であると、自然とご家族が長居したり、ことあることに集まってきたりするのではないでしょうか。

 

そんなダイニングを目指して企画しました!完成は平成29年3月を予定しています。お楽しみに。

 

 

公式HPでNO1号棟のプランをチェック!

資料請求が未だの方はこちらからどうぞ!