読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルビオコート平塚 ”みんなにちょうどいい街!”ブログ

東海大学前駅徒歩17分に誕生するミサワホームの新築戸建分譲地―【アルビオコート平塚】のまちづくり秘話です!

Sora街区の生活提案

Sora街区 隣接の真田久保公園から~大山を臨む―

f:id:misawahome:20161009090812j:plain

自分に、家族にちょうどいい-

20家族の笑顔と幸せが育む街

【アルビオコート平塚】Sora街区は

平成29年5月ごろ完成予定です!

公式ホームページはこちら

+++++++++++++++++++++++++

【アルビオコート平塚】にできる3街区のうち、2番目に完成する予定のSora街区。以前、このSora街区の概要はご説明しましたが、今回はもう少し街区計画の詳細内容をご説明していきたいと思います。

 

f:id:misawahome:20170109154359j:plain

 

Sora街区は真田久保公園に隣接する5棟の街です。全区画が陽当たり良好の南道路に面していて、その背中(北側)には何もさえぎるものがない大山と空(=Sora)の絶景がひかえています。

 

 

f:id:misawahome:20161215085223j:plain

(周辺地域・地勢では、ヒルトップの端に位置しているので、景色がいいんです!)

 

実は、このSora街区は、まちづくり企画のプロジェクトチームメンバー全員が「ここはアルビオコート平塚で一番いいポジションだ」と意見が一致した、いわば”プレミアムゾーン”なんです。立地の良さから、平均価格はこの5区画が一番高い価格帯になる予定です。

 

私たちは、このSora街区にご入居される方に、他物件にはない”最高の食卓・団らんのとき”をお届けたいと考えました。また、冬の美しい夜空の天体鑑賞の愉しみを親子で共有して頂きたいとも考えました。空=Soraを活かした最高の暮らしです。

 

それでは、この街区内最高峰の立地・プレミアム感を生かすためにミサワホームがこだわり考えたプランニングをご紹介しましょう。

f:id:misawahome:20170109160307j:plain

 

こちらは計画中の10号棟の1階の間取図です。基本的には南道路の陽当たりを生かしたLDKと和室の配置ですが、なんといっても特徴はダイニングです。大山と空を眺めながらご家族と食卓を囲めるようになっています。青のやじるしからの景色を生かすために、そこのビュー窓はガラスに桟がクロスしないガラス一枚モノを選びました。

 

f:id:misawahome:20161114153212j:plain

(窓イメージ:施工例)

 

そして2階の間取りはこちらです↓

f:id:misawahome:20170109160729j:plain

こちらでも基本は南面採光を生かしたプランニングになっていますが、特徴はやはり北向きのバルコニーがあるという点です。上記図面では、階段を登り終えたところに2帖強のちょっとしたホールがあり、そこには大きな引き違いの開口部があり、そこから屋外へ出られるようになっています。

 

普通の住宅街だと、北向きにバルコニーをつけて外に出たら、お隣の庭やバルコニーと目が合ってがっちんこしてしまいますが、Sora街区には北側には広がる絶景しかありません。その絶景を活かさない手はない!といわんばかりに、ビューバルコニーを設けました。寝室にも、ビューが確保できるところは大きめの景色を愉しめる開口部を設けました(北側にバルコニーがついている家って基本ありませんよね?)。

 

ミサワホームは注文住宅がメインの会社です。一邸一邸、敷地条件に合わせたオーダーメイド感覚の設計をするのがとても得意ですし、特にその作業を面倒くさがりません。活かせる景色があれば、設計に取り込みます。

 

また、Sora街区の5区画には、やろうと思えば全部同じコピペしたような間取りを入れてしまうのも可能だったのですが、それも止めました。やはり全部変えようと。おとなりさんと同じ間取りでは、いやですよね、皆さん。建売とはいえ、戸建てはマンションではないんですから。

 

別の号棟の間取り図を見てみましょう。

f:id:misawahome:20170109162010j:plain

 

f:id:misawahome:20170109162256j:plain

↑こちらは13号棟の予定図です。

1階のダイニングからのビュー、ちゃんと確保しています!2階のバルコニーの特徴は、南面にも北面にも向いていて、陽当たりも大山も夜の星空も、ひとつのバルコニーで愉しめるようになっている点です!

 

星空の話がでたので、すこし話がそれますが…

 

ここの物件名にもなっている「アルビオコート」という名前は、ミサワホームの戸建分譲のブランド名なのですが、北の星空とその語源・由来とは深く関係しています。

f:id:misawahome:20170109164531j:plain

ミサワホームの「アルビオ」シリーズのブランドコンセプトは「輝く人生を育む住まい」です。もともと「アルビオ」は造語でして、白鳥座のくちばし部分にあたるきれいな二重星「ALBIREO=天上の宝石」のように、街やそこに住まう人々に輝きをもたらしたい…そしてそこには豊かな羽根に子を抱いて慈しむ白鳥の母のようにすべて(=ALL)の生命(=BIO)を育むやさしさを届けたい…そんな願いがこめられています。十字っぽいデザインのロゴマークは白鳥座の形がモチーフになっています。

 

アルビレロというのは、天井の宝石その名のとおり、北の空でもっとも美しいといわれる二重星です。Sora街区からはきれいに北の空を眺められます。ブランドイメージにもぴったりの地勢であると我々は考えています。

 

家の内部仕上にもいろんなアイデアがつまっていますので、後日解説させていただきたいと思います!

 

景色はコチラのドローン映像をご覧下さい↓

youtu.be