読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルビオコート平塚 ”みんなにちょうどいい街!”ブログ

東海大学前駅徒歩17分に誕生するミサワホームの新築戸建分譲地―【アルビオコート平塚】のまちづくり秘話です!

【Komachi街区】の基本コンセプト①

f:id:misawahome:20170203102212j:plain

自分に、家族にちょうどいい-

20家族の笑顔と幸せが育む街

3/18(土)から

いよいよモデルハウス見学開始!

公式ホームページはこちら

+++++++++++++++++++++++++

一番早く工事が進捗している【アルビオコート平塚】のTerrace街区のモデルハウス(3号棟)のモデルハウス見学開始日が決まりました。予定通り工事が完了した場合、3月18日10:00から内覧可能になります!近々、ご来場の予約受付を開始しますので、しばしお待ちくださいませ。

 

さて、本日は【komachi街区】についてお話しします。以前の投稿で、街区のおおまかな構想・コンセプトについて触れましたが、すこしずつ詳細が決まってきたのでお知らせいたします。

f:id:misawahome:20170203161828p:plain

全体図の左下、紫色の9区画部分がKomachi街区です。洋風な外観のTerrace街区/Sora街区とは少しテイストが違う、和風シンプルモダンを基調としたデザインで計画中です。

 

わたしたちは、この街区を「ご近所同士のコミュニケーションが自然に・さりげなく形成されていく…」街になっていくことを念頭においてデザインしています。というのも、新設の開発道路を中心に囲むように住戸が並んでいる小さな街=コマチなので、各住戸の独立性!仕切りの徹底!というよりも、みんなで楽しく仲良く暮らしている~という雰囲気を演出したいと考えたからです。

 

街の”つながり”演出のために設ける仕掛けのひとつが以前もお話したとおり、家庭菜園です。

f:id:misawahome:20170203160221j:plain

こんな9宅地の街区を、おもに3~4ブロックに分けて、ブロック内では家庭菜園をお互いの境界近くに設けて、ぱっと見た目ではちょっとした市民農園スペースのように見える空間のたまりをつくることにしました。

f:id:misawahome:20170203160259j:plain

緑色に塗りつぶしているところを家庭菜園スペースにしようかと思っています。おとなりさんとの境界には、当然低いブロックとメッシュフェンスで仕切りますが、菜園スペースが隣接しているだけで、ちょっとした会話や話材のきっかけになると思います。

 

実は、この【隣接型】家庭菜園構想にはもうひとつメリットがありまして、隣家と向かい合わせてつくることによって、お互いの陽当たり・通風を確保することができるんです。各々が自分の敷地の南側に独立した菜園スペースを作るのではなく、南北向かい合わせてつなげて大きく作ることで、北側にくる建物の陽当たりを南側の建物で阻害することを最小限にとどめることができます。

 

1号棟と2号棟の設計予定図がこちら↓

f:id:misawahome:20170203154619j:plain

駐車場の左側に茶色い、長方形のゾーンがありますよね?これが家庭菜園スペースです。北側の建物(2号棟)からすると、このスペースが両敷地に向かい合って存在することで、とても陽当たりが良くなっています。

 

次回は奥まった玄関エントランス/ポーチについてお話しします!