読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルビオコート平塚 ”みんなにちょうどいい街!”ブログ

東海大学前駅徒歩17分に誕生するミサワホームの新築戸建分譲地―【アルビオコート平塚】のまちづくり秘話です!

モデルハウス見学ガイド②

f:id:misawahome:20170203102212j:plain

自分に、家族にちょうどいい-

20家族の笑顔と幸せが育む街…

【アルビオコート平塚】

Terrace街区は3/18(土)から

いよいよモデルハウス見学開始!

公式ホームページはこちら

来場のご予約はこちらから

+++++++++++++++++++++++

みなさん、こんにちは。

前回に引き続き3月18日にプレ・オープンする【アルビオコート平塚】Terrace街区3号棟のモデルハウスの見学ガイドをお送りします!

 

f:id:misawahome:20170302115648j:plain

f:id:misawahome:20170302115705j:plain

 

このプランにひそかに潜り込ませてある”生活提案”については前回お話させて頂きました。分譲企画チームの熱い熱い想いが詰まっているので、ぜひ見学の際は体感してください!今日はもう少し細かいところの説明をさせて頂きます。まずは玄関からです。

 

f:id:misawahome:20170302115900j:plain

Terrace街区は全てのプランに玄関収納(いわゆる下駄箱)以外に、玄関土間のスペースに必ずシューズ・イン・クローゼットをご用意しています。この設計意図は、たたんだベビーカーを多少車輪が汚れていても土間スペース内で収納できるように…です。ただ、このSICに入っている棚はすべて「可動」式なので、高さを調整することも、すべて取り払ってオープンにしてしまうことも可能です。ご家族構成やご趣味の内容によって柔軟に使い方をアレンジできるのが特徴です。ゴルフバッグ、傘立て、スノーボード、DIY工具など。ロングブーツの収納などにもよいかもしれません。

 

次にデッキテラスのご紹介です。大山と富士山の両方が見える区画なので、デッキから両方が見えるようにせり出しています。図面と眺望写真を合わせてご覧下さい↓

f:id:misawahome:20170302142904j:plain

f:id:misawahome:20170226103102j:plain

f:id:misawahome:20170226103133j:plain

 

景色という意味では、2階の主寝室の窓位置には気を遣いました。ダイニングと同様に北に大山、西に富士山というロケーションなので、ベッドを置いてもその景色を壊さない方向・高さに開口部をもってくるようにしました。工事中に撮ったのでちょっと暗くてみにくいかもしれませんが、両方の山を主寝室の中から臨む写真です↓

f:id:misawahome:20170302143812j:plain

f:id:misawahome:20170302150004j:plain

↑白い帽子(富士山)が見えますでしょうか?

f:id:misawahome:20170302150021j:plain

↑大山ビューです。これはベッドの上あたりに来ている窓です。

 

ちなみにこの主寝室9.2帖(寝室としては当分譲地最大級!)はとても広いのですが、外のバルコニーも3.75帖ととても広く設計されていて、そのバルコニーに面してつけられているサッシも2.7m幅(通常は1.6m幅前後)と大きな開口となっています。日中は3方向から光が差し込むので、とても明るい部屋です。雨の日でも室内で洗濯物が干せるように室内物干しフックも完備しています。隣の子供部屋とは、音のプライバシー重視で収納を背中合わせに配置して、音の緩衝帯にしています。

 

f:id:misawahome:20170302122617j:plain

 

さて、

モデルハウス見学で奥様のテンションがMAXになるのは…やはりキッチン廻りですよね!使い勝手やパッと見の第一印象も大事ですが、意外に建売住宅のキッチンで皆さんが購入前に見落としてしまう点がありまして、それは”コンセント”の「数」と「位置」です。今のお住いでキッチン廻りで専用コンセントを常時必要とするものが冷蔵庫と食器洗機以外にいくつあるか想像(カウント)してみてください。ちなみに我が家はといいますと…

■電子レンジ

■トースター

■電子ケトル

■炊飯ジャー

です。そして常時じゃないにしてもそれ以外に頻繁に使うものは…

■コーヒーメーカー(バリスタ)

■ミキサー・ジューサー

(できれば・・・スマホ充電もほしい!という声も聞きます)

などなど、各ご家庭でまちまちだとは思いますが、冷蔵庫と食器洗機以外で最低でも6口のコンセントがキッチン・食器棚周辺に、絶妙のポジションで用意されていないと、無残なタコ足配線や面倒なコンセントの抜き差しの繰り返しが発生してしまう!というわけです。

f:id:misawahome:20170213115149j:plain

f:id:misawahome:20170302151240j:plain

モデルハウスのキッチンでもぜひご確認いただきたいのですが、食器棚側に2箇所×2口で4口、キッチンカウンターの内側にも1箇所×2口があり、合計6口を確保してあります。しかもその食器棚の2箇所は回路を他の部屋回路と別々にわけてある専用コンセントなので、電子レンジや電子ケトルで一時的な電力負荷が家全体にかかってもブレーカーが簡単にそれが原因で落ちないようになっています。こういった電線設計は、家が完成してしまうと後からやり直すのはとても大変ですが、はじめから想定していれば安心です。これはミサワホームが注文住宅メインで90万棟以上戸建住宅を建てて来た会社なので”気づく”点といえるでしょう。

 

”気づく”という点では、適時分散収納というのもモデルハウスでチェックしていただきたいポイントです。たとえば、洗面所です。90%以上のご家庭が洗面所内にリネン類を保管しているそうですが、ならばその収納スペースを確保しておくべきでしょう。建売住宅では2帖のスペースに洗濯機と洗面化粧台を置いておしまい…というのが普通ですが、【アルビオコート平塚】では全棟の洗面所に必ずリネン棚をご用意しています。これなら、濡れた体で「お~い!バスタオルがないぞぉ~!」と叫ぶ必要もありませんよね!